支配人の田辺です。(令和4年4月1日)

巷では今、ゴルフブームらしい。海外での日本人選手の活躍がこのブームに大きく貢献したのではないかと思われますが、ここ数年のコロナウィルス感染症の流行により、新しい生活様式がもたらされ自宅にいる時間が増えた。外で思いっきり体を動かしたい、混雑する電車やバスに乗らないでどこかへ出かけたい、そんな切実な思いからゴルフはスポーツの中でも比較的「3密」を避けやすく、旅行などに代わる魅力的な選択肢としてその人気が浸透しているようです。

ゴルフ業界は近年、ゴルフ人口の減少を食い止めようと試行錯誤を重ねてきたが、目立った成果は得られなかった。しかし今、この新しい生活様式の普及により若い人たちがゴルフに興味を持ち、生活の中にゴルフを取り入れる現役世代が増加していけば、やがては健康な中高年世代が増え医療費の抑制、認知症の予防、大袈裟に言えば日本の経済や社会保障にもプラスの効果をもたらす可能性もあるのではないでしょうか。

健康促進はもちろん、無理なく続けることができ、趣味としてもとても面白いスポーツが「ゴルフ」です。皆様もぜひ楽しみながら積極的にゴルフに拘わっていただけるよう切に願っております。